内面の変化で友達ゲット

男友達がほしいとお考えですか?
では質問です。男友達と女友達の違いってそんなに多くがありますか?
私から言ってみれば、その違いに捉われれている事で肩に力が入っていては大変疲れてしまうと思います。

 

ではどの様に考えているのか、どの様に接しているのか私のコツをお話しします。

 

『自分がどうしたいかを大切に行動する』

これは様々なシチュエーションや場所で、男の人に拘わらず全ての人間関係にも該当しますが、自分の気持ちに起こったことをそのまま言葉にしたり行動を起こすことを言います。
例えば 会議の席や飲み会でも(あ、飲み物が切れたな)と思ったら、「おかわりはいかがですか」とか
たまたまスイーツを食べていて斜め向かいのイケメンがおいしそうに食べていたら、「おいしいですよね」とか
何気ない日常の思いついた事を飲み込まずに、言葉に発する習慣はとても楽しいキッカケ作りへと早変わりします。

 

『勝手に予測しない』

これは常に人がやっている思考の問題です。
例えば上記のような2つのシチュエーションで以下に説明してみましょう。

 

(おかわりは要らないかも。もし話掛けたら邪魔になるかも。)とか
(なんだコイツはって思われたりしないかな。急に話しかけたりしたら引くかも。)などなど。

 

私はしょっちゅう他の人に話しかけてしまいがちですが、もし相手が不快に思う場合はキチンとサインを返してきます。
例えば無視するとか、怒鳴ってくるとか、席を黙って立ち去るとか。

 

そういう場合には謝れば良いですし、もうしつこくしなければいいだけです。

 

『自己を顧みる』

これはどういう人とお友達になりたいかに拘わってきます。
例えば優しい人がいいとお思いならば、優しい自分を常に演出する癖をつけてください。しかし、人を騙すということではありません。
いつもは勇気がいて譲れなかった電車の席を疲れていそうな年配の方に譲るとか。
この場合も譲って断られるのが嫌であれば、さりげなく席を立つことも出来ますよね。

 

こういった一歩前進する癖をつけていると、案外当たり前になってくるものです。小さい積み重ねが知らず知らずのうちに自分のレベツアップに繋がっていきます。

 

『結局は人として』

子供のように心のままに行動をしているひとを、何の飾りもない素直な人に。
男女問わず人は惹かれるものなんです。

 

ですから、心の中の余計な予測はなるべく無視して。
自分をよく見せようとか、相手はどう思うだろうか等々思わずに。
喜怒哀楽も常識の許す範囲内で、表してみてください。

 

案外自分も人も、自分が考えているより素敵なんですよ。